大腸の内視鏡検査を受けてみよう

がんの中でも大腸がんは、肺がんと並んで多くの方がかかる病気です。大腸に発生した病変を少しでも早く発見するためには、定期的に検査を受ける必要があります。この検査で使用されるのが内視鏡ですが、初めて受ける方は何かを不安を感じるはずです。実際に検査を受けるときの流れについて事前に確認しておくと、安心して受けることができます。検査は予約制になっているので、前日の注意事項を確認しておきます。前日は夕食を早めに済ませますが、できるだけ消化の良いものを摂るようにしましょう。当日は検査が終わるまで食事を摂ることはできません。下剤を使って大腸にある物を全て出したら、専用の衣服に着替えて検査を受けます。内視鏡はそのまま挿入するのではなく、鎮静剤を使用するので気楽に受けることができます。モニターに映し出される大腸の様子を確認したら検査は終了です。

大腸内視鏡の検査の特徴とメリット

大腸がんが増え、検査を受ける人が増えています。大腸の検査は肛門から内視鏡を挿入して行われます。検査の当日には、下剤を飲み腸の中を空にして行われます。内視鏡は、以前はファイバータイプの物が主流でしたが、画質や機能面で電子スコープに劣る事で今では電子スコープの物が主流になっています。この検査を受ける事で、ポリープやがん憩室などが詳しく分かります。また、病変を発見した時に同時に組織を採取する事が出来るのが大きなメリットです。内視鏡検査を受ける時に、受ける人が不安を感じるのはやはり痛みです。多くの病院で鎮静剤などを使用して検査が行われますので、あまり痛みは感じないようです。少しの痛みがあっても、もし調子が悪いと感じているのなら検査を受けた方が安心です。もし何かの病変があるのなら、早めに検査を受ける事で治療も早く出来ます。

大腸内視鏡検査において

大腸内視鏡検査においてはやはりその手軽さが受けているでしょう。小さい器具による施術ですので開腹するわけでもないので患者さんの負担も小さく手頃です。やはり開腹手術は手間がかかりますし何より100パーセントの成功を約束しないといけないのでドクターは大変でしょうけれどそれはそれでかなりのやりがいがあり素晴らしいと感じています。我々は日々ドクターにかかることはありますがそう言った意味でも内視鏡ともども腕のいい先生のいるところの情報がたくさんあれば施術を受ける側も安心してその地域で生活してゆけます。大腸においては外から見えませんので内視鏡を使うわけですがやはり腕のいいドクターだと早く済むそうで、やはりそういった病院で施術を受けたいものだと判断してしまうのは私だけではないと感じます。日々医療技術は進歩していますがそういった情報を多く持った患者さんはとてもラッキーだと感じます。

「苦しくない無痛内視鏡検査の提供」をモットーに病気予防・早期発見の重要性を多くの方々に広めていきたいと考えております。 当院は東急田園都市線たまプラーザ駅が最寄り駅です。 たばこでお困りの方は当院の禁煙外来にお任せください。 大腸内検査ができる対象エリアについて、横浜市やその近隣の市町村などを中心に受診してもらうことができます。 大腸内視鏡の検査ならたまプラーザへ