大腸の内視鏡検査の感じ方は人それぞれ

大腸検査の代表と言える内視鏡検査ですが、検査を受ける数時間前から液状の下剤を何回かに分けてのみ、腸の中を空っぽにしてから検査が始まります。便が完全に透明にったことを医師、または看護師に確認してもらってから検査が始まります。胃カメラは喉のあたりに麻酔をしばらく溜め込んで、喉から食堂にかけて麻痺させてから行うのに対し、大腸の内視鏡検査は通常は麻酔を使用しません。そのため消化器系疾患の検査の中でも大腸検査を一番辛く感じる方は多少いるようです。しかし、基本的にほとんどの方がこの検査をそこまで辛く感じることはなく、各検査の中でも一番楽だと感じる方が多いようです。麻酔を使用する必要がないことを考えるとごく自然なことです。小さなポリープはこの検査のついでにとってもらえるため、定期的に大腸検査を受けることで重大な疾患をかなりの確率で未然に防ぐことができるとても意味のある検査です。

内視鏡による大腸の検査メリット

近年がんの疾患の中で大腸がんで死亡するケースが増えております。がん検査のためには、検便による検査がありますが、大腸を直接検査するのではなく、間接的な検査になります。直接検査する方法として内視鏡による検査があります。肛門から、極細のカメラを挿入して大腸の中を画像を見ながら検査をします。内部を直接見て、内部の粘膜の状態、ポリープの有無を目視検査していきます。方法としては、胃カメラの状況と同じです。まず、腸内に便が残らないように事前の薬を飲んで綺麗にしておきます。肛門からカメラを挿入しますが、部分麻酔をしておりますので痛みはありません。医師がカメラを奥まで挿入しますのでちょっと違和感を感じます。自分でも腸内の状態をリアル画像で見れます。大腸がんは早期発見すれば直る病気です。人間ドックと同じように定期的に行うのがいいでしょう。

異変があれば大腸の内視鏡検査を受けてみて

血便や腸の異変を感じたら、一度大腸の内視鏡検査を受けてみてはいかがでしょうか。場所が場所だけにためらわれることでしょうが、内視鏡での検査は確実で安心できますね。検査は前日から検査食に切り替えることが多いです。夕飯後は絶食、下剤を飲み、朝方にはかなり腸をからっぽにできます。病院では多量の検査液を飲み、さらに腸をきれいにした後、検査となります。ここまで結構時間がかかるのですね。内視鏡を入れるのに麻酔を使うケースもありますが、そのままやられる方がほとんどです。胃のカメラと違い、えづくことはありません。検査自体はさほど苦痛もなく、時間もかからないようですよ。画像で見られますが、検査結果は後ほど聞かされることが多いですね。検査により腸をカラにできるので、腸への清掃効果もありますね。たまにはいいかもしれませんよ。