大腸の内視鏡検査について

大腸は食べ物が消化、吸収された残骸を溜め、水分を器官内で吸収して大便にする内臓器官です。大腸がんは、長さ約2mの大腸(盲腸、結腸、直腸、肛門)に発生するがんのことを言います。特に日本人の場合、S状結腸と直腸が、がんになりやすいと言われています。さて、この大腸がん、年齢と共に発症のリスクは高まります。早期発見するための手段として、内視鏡での検査があります。なぜ検査が必要かというと、がんに総じて言えることですが、早期の段階では自覚症状がほとんど無いということです。血便、下血、下痢などの症状が出だしている場合、症状が進行しているため、完治する確率が減ってしまいます。そのため、検査を行うことが、病気のリスクを軽減することに繋がります。内視鏡は、内視鏡の専門医による検査を受けられることをお勧めします。

大腸内視鏡検査について。

大腸内視鏡検査というものは、肛門から内視鏡を挿入することで、大腸をはじめとする様々な検査ができます。近年では、ガンなどが深刻な問題となっています。しかし、早期に発見できれば完治することがほとんどといえ、そのために欠かせない検査といわれています。症状がでてからでは遅いこともあり、検査を早い段階から受けることも大事です。また、病変が見つかれば、組織を採取して、詳しく調べることになります。ポリープであればその場で切除できることになります。検査前には腸の中を洗うことになりますが、飲むタイプのものですので、心配はありません。また、苦しい、恥ずかしいと考えがちです。検査を受ける人は毎日いますし、恥ずかしさは感じません。また、苦しいといったこともありません。ある程度の年齢になれば、積極的に検査してもらうようにします。

大腸の検査方法と内視鏡の進歩

大腸がんが死因のトップであると、よくメディアで報じられていますが、その原因のひとつとして、なかなか検査し辛い器官であり、発見が遅れてしまうことがよくあるようです。検診方法として、触診や内視鏡、CTで診る方法があります。CT以外の方法は苦しそうだから、CTでの検査を希望したいという声も多く聞かれますが、CTの検査では、腸壁の出血の有無や色合いなどを感知できないため、大腸の検査といえば触診、さらに内部になると内視鏡を用いたものが主流になっています。内視鏡といえば、昔は光ファイバー技術のものが多くありましたが、次第に先端にCCDカメラを付けたものが広く使われるようになり、さらに詳細な検査が可能になりました。また、カプセル型のカメラを飲み込み検査をする方法も開発され、がんの早期発見・予防が実現するのではないかと注目を集めています。