大腸の検査は内視鏡を使用

ガンという病で、第一位に挙げられているのは、大腸がんだそうです。この、大腸がんの検査をする方法として挙げられるのは、便血検査という、いわゆる検便で調べる方法と、内視鏡というカメラを使って調べる方法があるようです。便血検査に関しましては、病院から渡されたキットの自宅で排泄した便を入れて持って行き、調べてもらう方法です。そして、少し異常が見つかると、次のステップとなる、内視鏡検査になるのではないかと考えます。この場合は、便血検査ほど簡単ではないようです。とりあえず、カメラを挿入するにあたり、大腸を綺麗にしておく必要があるようで、すべての、便や、残留物を出し切る必要があるようです。そのため、下剤や、2リットルの水を飲み準備をします。準備が整ったところで、肛門から、内視鏡を挿入して、検査をするようです。

大腸がん検診で陽性だったら、大腸内視鏡を。

近年、食事が欧米化に伴って大腸がんになる方が増えてきています。大腸がんの治療には、検診による早期発見が必要ですが、大腸がんの検診では、まず便に血が混じっていないかどうかを確認します。便に血が混じっている(便潜血陽性と言います)状態があると、大腸がんの疑いがありますが、他の病気でも同じように便潜血陽性になります。一番多いのは痔核(いわゆる「痔」です)です。このような比較的、軽症の病気と大腸がんを見分けるためには、大腸内視鏡を使った検査が必要になります。大腸内視鏡検査で大腸の中にがんかどうか疑わしい場所があれば、その場所の組織(細胞の塊)を採取して、顕微鏡で確認する検査を行ないます。これを病理組織検査と言います。病理組織検査でがん細胞がいる事が分かれば、がんの治療が行なわれます。また、がんが他の場所に転移していないかどうかは他の検査(CTなど)で行ないます。このような検査を経て、早期のうちにがん治療が進めば、恐いがんであっても完治可能となってきています。

大腸検査で内視鏡を使う

大腸はストレスなどの影響を受けやすい部分だと言われています。ちょっとした異変を感じた際には、出来るだけ早めに検査を受けるとよいでしょう。リアルタイムで状況をチェックすることが出来る方法が内視鏡を使った検査です。その場で気になる細胞を採取することができますし、麻酔薬を使うことによってある程度の違和感も取り除くことができます。少し前まではかなりの苦痛を伴うこともありましたが、最近ではより体への負担も軽減されるものが開発されているので、安心をして検査を受けることが出来るようになっています。自分でも大腸の中をモニターでチェックをすることが出来るようになっているので、医師もせつめいをしながら検査をしてくれるというメリットがあります。上手に検査をしてくれる医師がいるクリニックもあるので、探してみるとよいでしょう。