大腸検査の指摘を内視鏡で観察診察します。

大腸の内視鏡と言うのは、所謂大腸検査で診断され、何かしら以上その他の所見が確認された場合に行う内視鏡と言われる小型カメラにて大腸の中を観察して治療する方法とされています。大腸の場合は、腹部の下側ですから、その中を観察する訳になります。そのために内視鏡は肛門から挿入して観察する事になります。いわゆるファイバースコープと言う小型カメラを肛門から挿入する事になり、そのカメラから送られてきた映像が傍のモニターに映像化される訳です。その映像を観ながら医師が検査で指摘された部分が何であるのかを診察する訳です。かなりリアルで鮮明な画像が小型カメラで送られてきますから、大腸の中にどういう異常があるかと言うのも判断できるようになっています。軽傷ですぐにも切除立出来るものであればその場で治療が出来ます。そしてその観察した状態で症状の良し悪しが分かる訳です。

大腸の内視鏡検査の必要性

大腸にまつわる疾患は食生活の欧米化に伴い近年大変増えていて、特に女性がこの疾患にかかりやすいため注意が必要です。実際女性の亡くなる原因の癌の種類の中でも大腸癌は常に上位にランキングされています。大腸検査といえば内視鏡ですが、場所が場所なだけに女性にとっては検査を受けづらいところです。検査を避ける傾向にあるため、早期発見ができないのも死亡率を高くしている理由の一つになっています。また大腸の疾患は自覚症状が若干出にくいため、何かしら以上がわかった時にはすでに進行していて治療のしようがないということも多いようです。大腸検査は内視鏡で行われますが、小さなポリープはそのまま取り除いてもらえるので、改めて治療をする必要もなく、大きな病気を未然に防ぐとても意味のある検査です。検査に伴うリスクもほとんどないため、できる限り定期的に診てもらうことが健康を維持する最善の方法です。

大腸癌予防にも内視鏡です。

人は大腸の検査の場合に便の状態で腸に異常があるかを調べます。そしてその結果により治療しなければならないと言う事で行う方法が内視鏡です。この方法は腸の中に小型カメラを肛門より挿入して腸の中を観察するという装置です。数メートルはある細長い管を肛門からゆっくりと腸の中に挿入していきます。健康診断などで指摘された部分から察知される部分へと小型カメラがゆっくりとその全体像をモニターに映像で送ってくれていて、常にドナーもそれを医師と共に観察する事が出来る訳です。軽い程度のものであればその場で処置出来ると言う事にもなりますが、程度の大きなものに関しては、観察後に治療となり、入院と言う事にもなります。つまりはその小型カメラ、ファイバースコープにより観察され、診断された事で大腸癌の予防と言う事にもなる訳です。そのために早期であればそれだけ癌は防げると言う事にもなる訳です。